bluelake725のブログ

最近、朗読に関心を持ちました。そしたら改めて、日本語を勉強する必要があると感じて
いるところです。(えびなコトバの会)

【17】一緒に読んでみませんか

こんな詩に出会いました。
ご一緒に、声に出して読んでみませんか。
原文は、縦書きでしたが、ここでは、縦書きの仕方が分からないので、横書きで書きます。


              ぼくは戦争に行かない
                     大分県 小川 潤


                 君の顔を見て
                 「好きだ」って言う
                 何度でも、ずっと。


                 君の手をとって
                 「ありがと」って言う。
                 いつでも、きっと、言う。


                 君の笑う顔を見て、
                 「しあわせだなぁ」って言う。
                 照れくさいけど、たぶん、言う。


                 君をしっかりハグして、
                 「そばにいるからね」って言う。
                 ”そばにいてよね”って心で言う。


                 僕は
                 戦争なんか
                 行かない


【bluelake725のひとりごと】
「そばにいるからね」を、2音と3音で区切ります。
「そばに いる からね」となる。このようにちょっとブツブツ切って読む感じになります。
「そばにいるからね」と、だらだら読まないのです。
区切ってみいると、「いる」のところが、強くなって、気持ちが出るようになります。


「僕は 戦争なんか 行かない」
「ぼくは んそうなんか いかい」 下線の部分に力を入れて読んでみると、
感じが出ます。 


この詩は、間にテンが多いので、それを意識して読むと、いろいろに読めます。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。