bluelake725のブログ

最近、朗読に関心を持ちました。そしたら改めて、日本語を勉強する必要があると感じて
いるところです。(えびなコトバの会)

【27】墓参り

7日、妻と今年最後の墓参りとお寺さんへのご挨拶に出かけた。
お寺は厚木の奥、飯山観音の近くにある浄土真宗のお寺である。
以前横浜に住んでいたときは港南区にあるお寺にお世話になったが、
距離と交通事情で出向くのに時間もかかるので、父が亡くなってから、
こちらへ移した。
今のお寺は自宅から30分ぐらいで行かれるので、よくお詣りに行かれるようになった。
参道に入ると、50mほどでもんをくぐる。門の左側にちょうど今は楓が紅葉してきれいだった。
一礼して境内に入る。右側に水入れと柄杓が3段に並んでいる。我が家の水入れを一発で見つけるのが私の楽しみだ。境内には大きな桜の木が2本どっしりと構えている。春は、桜祭りがおこなわれる。
前の住職さんが、仕事辞めるとき、退職金を使って庭を整備したと言っていた。落ち着いたいい庭である。この庭に入ると気持ちが落ち着くので、ここへ来たくなる。目の前に本堂がある。築20年ほどであろうか。まだ新しく感じがいい。右側の庫裏に声をかけて、坊守さんにご挨拶をする。
 本堂の左手からまわって墓地へ向かう。そこからは隣の民家の古いお墓が見え、その向こうに白山という150メートルほどの山が見える。この景色も捨てたのんじゃない。でもなんといっても、こちらの住職と坊守さんのお人柄がいいのが一番。墓参りはただ墓参りに行きたくなるだけでなく、そういう人に会いたくなる、植物に会いたくなるので出かける。
 他のことでも同じだろう。人に会えるので、出かける。雰囲気に浸りたくて出かける。
快晴の気持のいい日であった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。