bluelake725のブログ

最近、朗読に関心を持ちました。そしたら改めて、日本語を勉強する必要があると感じて
いるところです。(えびなコトバの会)

【6】久しぶりの表現よみ鑑賞

11月6日川崎多摩朗読の会の表現よみ発表会を聴きに出かけた。
向ヶ丘遊園駅から徒歩7分ぐらいのところにある多摩市民館である。
今回は大会議室が取れなかったのでしょう、ややせまい会議室で、早めにいかないとあふれちゃうかなと思いつつ廊下を歩いていくと、「えびなの方ですね」と声をかけられて、少し驚いたり、ホッとしたり、うれしかったり。こういう発表会では、いろいろな作品を聴くことができる。自分がなじみのある作品は、特に、どんなふうに読まれるのか関心が高まり、勉強になる。
 今回は「最後の一句」と「悟浄嘆異」に期待した。見事な読みで、勉強になった。
「舌切り雀」も楽しく聞けた。そのうち自分でも太宰の御伽草子に挑戦してみようかと思った。
 最後の講師・渡辺知明氏の読みは、さすがです。きてよかった、と思ったのです。
「吾輩は猫である」をいい調子で、読んでおられた。「表現よみ」講座も、いろいろな声の変化や口調のちがい、強弱の発声などを織り交ぜて語られ、きっと入会する人がいるんじゃないかと、期待してしまった。
 全体としてよく読みこんだいい発表会だった。来年の案内を希望するに、〇をつけておいた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。