bluelake725のブログ

最近、朗読に関心を持ちました。そしたら改めて、日本語を勉強する必要があると感じて
いるところです。(えびなコトバの会)

【18】ドラマリーディング『カイロ団長』の練習

きょうは、「えびなコトバの会」の表現よみの部、11月例会。
1時45分開始だが、1時15分にはもう集まり始め、先生も1時30分にはスタンバイ。
とにかく今日だけで、なんとしても、「えびなコトバの会」としての、作品に仕上げなくてはいけない。
今年5月の日本コトバの会総会では、「猫の事務所」のドラマリーディングをやりました。
ドラマリーディング2作目です。
全体は、34分ほどかかるようですが、今回はそのうちの一部を上演します。
最初の部分。30匹のアマガエルが、仲良く、楽しく仕事をしています。
あるとき、アマガエルたちが仕事が終わって帰るとき、今までなかった店ができていたのです。そこの店主(トノサマガエル)は、アマガエルたちに、粟粒をくりぬいたコップで、ウイスキーを飲ませます。粟粒のコップですから、どんどん飲めます。342杯も飲んでしまうアマガエルも出てきます。ところがお金が払えません。そこでアマガエルたちは、トノサマガエルの手下になって、働くというところまでやります。
宮澤賢治の作品ですから、新潮文庫の「銀河鉄道の夜」の中に入っています。
アマガエルの役が面白そうなので、わたしはそれをやりたいな、と思っています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。